読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜか走る人

走ることはこの世で一番嫌いでした。ラン歴4年目ですが今も好きではないです。だけどなぜか走ってます。

JK達

 

(=゚ω゚)ノ ジェイケー!

 

タイトルにJK(女子高生)って書けばアクセス数上がるんか!?w

 

って、くらいに先日何気なく書いたタイトルでアクセス数が爆増(場末のブログの割にw)してビビってますw

jk(常識的に考えて)って意味だったらどうするんだよw

(ちなみに自分はリアルのJKはあまり興味なくアニメのJKなら興味をそそられるような変態(褒め言葉w)です。)

 

 

ならば、そのJK達のことを書いてみよう。

(深く書けるほどのネタはなかったがw)

 

 

 

ペース走中に最初にすれ違ったのは8km過ぎくらい。河川敷コースに到着したJK達(20名くらい)がアップとかしてるくらいだった。

陸上部なのかどうかは謎。

 

 

この時、わずかな時間だがおっさんはちゃんと視ていた(エロい目ではない、断じてw)

 

みんな短パン姿だったから脚の筋肉具合がよくわかる。

脚(特に太腿部分、ハムとかヤベェ)がスゲーと・・・

 

立ってるだけだったのにすごい筋肉ついてるのがわかる。

 

ああ・・・これハーフ以上の距離ならともかく、10km以下の距離なら歯が立たないんだろうなぁ・・・としみじみ。

 

 

 

 おっさんが残り5km地点で折り返したところで、JK達の後続数人が視界に入る。ここに来るまでに先頭集団とすれ違ったがやっぱり速かった。颯爽と走っておられた。

 

415のペースで走ってるがなかなか追いつけない。JK達の最後尾の子もそれなりのスピードで走ってる。やっぱ現役ってすごいね(意味深w)

 

それでも2~3kmかけて、なんとか数人のJKを追い越すことに成功wやはり前方に程よい目標があると追い込めるもんだ(さらに意味深w)

JK達は苦しそうにゼーゼーハーハーと息を切らしながら頑張って走ってる。 

そしてそれを追い越すおっさんはもっと(ゼーゼー)ハァハァしていたw

 

 

 

(=゚ω゚)ノシ


にほんブログ村